うつ病で退職してニートになるリスクに備える方法!?

うつ病で退職してニートになるリスクに備える方法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

日々サラリーマンは多くのストレスにさらされているので、うつ病が社会問題化しているのもうなずけます。

 

あなたもこういった症状に心当たりはありませんか?

 

「気分の落ち込みが激しい」

「気力が湧かない、楽しめない」

「すぐにイライラしてしまう」

「動作や話のスピードが遅くなった」

「自分には価値が無いと感じる」

 

もしうつ病になってしまうと、心身の健康を取り戻すために退職し、思うように回復しなければ、そのままニートになってしまうケースもあります。

 

そこで今回は、そのリスクに備える方法をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

日本のうつ病患者数

厚生労働省が実施した患者調査によると、1996年には43.3万人だったうつ病など気分障害患者数は、2008年には104.1万人にまで増加しています。

1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人

出典:厚生労働省

 

特に1999年から2008年の9年間で2.4倍に増加していることが目を引きます。

 

ただし、うつ病は検査で明確に診断できる疾患ではないので、診断基準が少し変われば患者数はかなり変わってくると言います。

 

そのため、本当にうつ病が増加しているのか?診断基準の違いの影響が大きいのか?には注意する必要があると。

 

とはいえ、うつ病が社会問題化していること、それに対する理解と備えが必要になっていることは間違いありません。

 

うつ病増加の背景

近年は特に40~50代といった働き盛りの方の発病が増加していると言い、その原因は競争社会、過酷な労働環境、人間関係、性格、職業など多岐にわたります。

 

【関連記事】
社会人におけるうつ病の割合となりやすい職業ワースト5!?

 

競争社会に関して言えば、会社での出世競争はもちろんのこと、世間に「勝ち組・負け組」という言葉が流行したことで、

 

今まで以上に他人(世間一般)と比較することによって幸不幸を感じる傾向が強くなってきています。

 

そのため、なにがなんでも勝ち組になりたいと思う人が増え、それが失敗は許されないというプレッシャーを生み出し、自分で自分を追い詰めてしまうことに繋がっています。

 

例えば、一般的に大企業の正社員は勝ち組と言われますが、そこで頑張り過ぎたり、プレッシャーに押し潰されてしまって、うつ病になる恐れは当然のようにあります。

 

そうした時には、心身の健康を取り戻すために退職し、そのままニートになる恐れもあるので、今現在は勝ち組でも予断を許しません。

 

その上、現代はインターネットが普及したことにより、他人と比較することがあまりにも簡単になっているので、それによって余計に落ち込んでしまう事もあります。

 

「私の年収は世間のサラリーマンの平均よりも下なのか・・」

「非正規雇用の私は完全に負け組なのか?」

 

同じようにインターネットでは、うつ病に対する心ない言葉が飛び交うことがあるので、それを見てしまうとますます自信がなくなり、うつ病を悪化させる恐れがあります。

 

「うつ病患者に対する本音はこんなものか・・」

「うつ病を経験していない人に何が分かるっていうんだ」

 

このように世の中はストレスが蔓延してるので、職場の長期休職者の大部分がうつ状態・うつ病だと言われ、うつ病は仕事に支障をきたす原因疾患の一位に挙げられているのです。

 

Sponsored Link

 

うつ病で退職してニートになるリスクに備える方法

ストレスは日常の至るところに溢れているので、たとえ大企業勤めのエリートサラリーマンでも、精神的にタフな人でも、他人事として捉えることは危険です。

 

もしも他人事として捉えてしまうと、どうなるのでしょうか?

 

うつ病になってしまった時のことを想像してください。

 

体調を回復させるために退職したものの、なかなか体調が回復せず、

 

強い挫折感や順調に出世していく友人に対する劣等感から、そのままニートになる恐れがあるとは思いませんか。

 

また、退職後の生活費はどうするのでしょうか。

 

であれば、今すべきことの一例として、うつ病を予防することや、うつ病になってしまった時の生活面の備えをすることが考えられるかと思います。

 

うつ病を予防するためには、プライベートでは頭を切り替えてリフレッシュする、食生活を整える、太陽の光をたくさん浴びる、有酸素運動をするといったことが考えられるでしょうか。

 

そして「なんか調子がおかしいな」と感じたら、すぐに専門医に相談してください。

 

一方、うつ病になってしまった時の生活面の備えとしては、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけておくことが一つとして考えられます。

 

いざという時にこの力を持っていれば、自宅にいながらインターネットを利用してお金を稼ぐことが可能になるので、どんなに心強いでしょうか。

 

あなた自身でビジネスを立ち上げているので、ニートになる恐れもなくなるでしょう。

 

それでなくても現代は、日本経済の衰退にともない、誰もが知る大企業でも突然倒産してしまうリスクがどんどん大きくなっています。

 

そのため、この力を持っていないサラリーマンは、倒産・リストラという状況に立たされた瞬間、収入がゼロになってしまう恐れがあります。

 

ですので、全てのサラリーマンが身につけておきたい力と言っても言い過ぎではないでしょう。

 

実際のところ、うつ病や会社の倒産・リストラといった将来の不安に備え、いち早くその力を身につけているサラリーマンや、中には軌道に乗って独立起業する人も増えてきています。

 

会社は経営が傾いた時、もしくはあなたがうつ病になった時に守ってはくれません。

 

どんな時でも、あなたを守れるのはあなただけであることを忘れないでください。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ