協調性がない人はどんな仕事に向いているのか?

協調性がない人はどんな仕事に向いているのか?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

社会ではある程度の協調性が必要なので、「協調性がない人」「人と関わるのが面倒な人」にとっては、生きづらいところがあるのかもしれません。

 

例えば、会社ではプロとして仕事に徹しているものの、人と関わることが嫌いな人は疲労度が高くなるものです。

 

「営業トークは得意だけど、正直ストレスがものすごい」

「愛想よく振る舞うことはできるけど、だんだんボロが出る」

 

また、周囲に合わせることが苦手な人は、職場で浮いてしまったり、揉める原因になる恐れもあります。

 

「浮いてしまって仕事がうまく回らない・・」

「心を無にして右へならえしないといけないのか?」

 

ですので、協調性がない人は、仕事選びも難しくなってきますよね。

 

そこで今回は、協調性がない人に向いている仕事について考えてみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

協調性がない人に向いている仕事とは!?

会社に雇われている以上、協力し合うことはもちろん、足並みを揃えたり馴れ合う必要も出てきます。

 

それは協調性がない人にとって苦痛でしかないので、そういった機会が少ない働き方、例えば独立起業することが一つとして考えられるでしょう。

 

その1:フリーランス(独立)

フリーランスとは、特定の組織に所属せずに質の高い仕事をクライアントに提供する個人事業主(個人企業法人)です。

 

特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。

出典:wikipedia

 

特定の作業にかかる時間・内容に基づいて報酬を決定し、作業の完了をもって報酬を得ることができます。

 

フリーランスの仕事としてすぐに思い浮かぶものとしては、フリーのデザイナーやフリーのプログラマーがあるかと思います。

 

どちらも特定の組織に所属せず、第一に求められるのはデザイン力やプログラミング力。

 

業務委託という形で会社に通う場合も同じです。ですので、

 

「また今週末も強制参加の飲み会か」

「一緒にいたがる人ばかりで面倒くさい」

「派閥とかほんと勘弁して」

「噂話や悪口ばかりでうんざり」

 

といった人間関係のしがらみから解放されることでしょう。

 

また、在宅で請け負う場合は、より自分の世界に没頭できますし、相性の良いクライアントを選んで仕事をすることもできます。

 

いずれにしても、フリーランスには会社員ほどの協調性は求められず、真に質の高い仕事が求められるので、

 

協調性はないけど能力に自信がある人に向いている働き方の一つだと考えています。

 

【関連記事】
会社勤めに向いてない度チェックで仕事を振り返ろう

 

その2:起業

フリーランス(独立)と一般的なイメージが似ているものに起業があります。

 

どちらも会社から独立している点では同じですが、働き方が大きく違ってきます。

 

先ほどお話ししました通り、フリーランスは質の高い仕事をクライアントに提供しますが、起業はゼロから事業を生み出していきます。

 

短期的な利益はそれほど重要ではなく、将来的に長きにわたって作業分よりも大きな利益を生み出し、ある段階から手を離しても自動(半自動)で利益を生み出し続ける仕組みを作っていきます。

 

人間関係のしがらみから解放されるという点は、フリーランスと同じですね。

 

もちろん、事業を拡大する中で、お客様や従業員、経営者同士の付き合いが出てくることはありますが、それは面倒な人間関係とは一線を画しています。

 

特に経営者同士は、一本立ちしたある意味孤独な者同士なので、仕事にとっても人生にとっても有意義な時間を過ごすことができるはずですので。

 

そして現代はインターネットが発達・普及したことで、誤解を恐れずに言えば、起業に対する敷居は低くなっていると感じます。

 

ベンチャー企業はすっかり世間に浸透していますし、学生・主婦・シニアの個人起業家もどんどん登場していますので。

 

例えば、インターネットを利用したビジネスの一つとして、ブログを運営して価値のある情報を発信することで集客し、広告収入を得るというものが考えられます。

 

インターネットが普及した現代では、インターネットの閲覧やブログの運営は、多くの人が日常的にやっていることですので、

 

あなたもやる気と行動力があれば、起業家としてスタートを切ることは難しくありません。

 

さらにインターネットでのビジネスに関しては、はじめの段階では人と直接関わる機会はかなり限られてきます

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

「協調性がない」と自覚しているあなたに、フリーランス(独立)と起業という働き方を紹介してきました。

 

どちらも会社員のような人間関係のしがらみから解放されるので、是非参考にしてみてください。

 

とはいえ、「すぐにフリーランスや起業家になれるはずないじゃないか!」と思う人は少なくないでしょう。

 

ですので、私は本格起業するための準備段階として、インターネットを利用して会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけることをお勧めします。

 

まずは現在の仕事を続けながら副業としてこの力を身につけ、成果を上げることができれば、本格起業も視野に入ってくるはずです。

 

私はその力を身につける方法をメルマガで配信していますので、あなたの悩みは一歩解決に近づいたのではないでしょうか。

 

それでなくても現代は、日本経済の衰退にともない、日本を代表する大企業でも突然経営が傾くリスクが大きくなっているので、

 

将来の不安に備えてその力を身につけておくことは、多くのサラリーマンにとって必須となりつつあります。

 

実際のところ、協調性がない自分に向いている仕事を真剣に探している人や、将来の不安をリアルに感じている人ほど行動に移し、その力を身につけ始めています。

 

しかし反対に、「私は大企業勤めのエリートサラリーマンだから関係ない」といった人生がうまくいっている人ほど、この話をいまいちリアルに感じることができない傾向があります。

 

そのため、自分自身と向き合い、適性に合う仕事を真剣に探しているあなたは、危機対策という点で一歩も二歩も進んでいると言うことができます。

 

現在、私はそういった協調性がない自分に向いている仕事を探している方や、将来の不安に備えたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ