なめられる人の特徴を知って損ばかりの人生から脱却を!

なめられる人の特徴を知って損ばかりの人生から脱却を!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

人生全般において、人になめられると損ばかり。あからさまに態度に出してくると、イライラするし悲しくもなります。

 

「私が何かしたのだろうか・・?」

「どうしてなめられるのだろう・・泣」

 

人間を”上か下か”で見る人に問題があることは明白ですが、そういった人が大勢いるのは確かなので、こちらが対策を打つしかありません。

 

そこで今回は、なめられる人の特徴と脱却法について一緒に見ていくことで、損ばかりの人生から脱却を図りましょう。

 

Sponsored Link

 

なめられる人の特徴と脱却法

今まで私が感じてきた事を踏まえて、なめられる人の特徴をピックアップし、脱却法も示していきます。

 

自信がなさそうな人

自信がなさそうな人は、なめられる典型だと思っています。具体的には、こういった特徴が挙げられるでしょう。

 

おどおどしている、暗い、声が小さい、愛想がいい、顔色をうかがう、他人に合わせる、焦りやすい、緊張しやすい、意見を言わない、嫌だと言わない、怒らない、自分を卑下する、猫背、だらしない

 

人間を”上か下か”で見る人は大勢いますし、特に会社では皆がライバルなので、自分より上には取り入り、下には辛く当たることは普通にあります。

 

ですので、これらの特徴に当てはまるようでしたら、真逆、つまり自信があるように見せていきましょう。

 

実際のところ、堂々としていたり、声が大きかったり、意見をハッキリ主張する人がなめられることは少ないと思いますので。

 

ただし、なめられていなくても、裏で嫌われていることはあるので、バランスが大事です。

 

教養がない人

教養がない人もなめられがちです。というか、社会人として最低限の教養が備わっていなければ、

 

「一緒にいて恥ずかしい」

「一緒に仕事をしたくない」

「今まで何をやってきたの?」

 

と思われても仕方がありません。

 

もちろん、礼儀作法も教養に含まれます。

 

礼儀作法は、相手を思う気持ちが、言葉遣いやしぐさに自然と表れたものなので、心の成熟度を示しているとも言えるでしょう。

 

そのため、しっかりできていれば「人間的にきちんとした人だ」となりますが、できていなければ「なんだこの人は・・」となってしまうのです。

 

ですので、なめられることを気にするよりも、教養を身につけていきましょう。

 

その結果として、なめられることが少なくなり、一定水準を越えると尊敬を集めるものです。

 

そういった人と一緒にいると安心できますし、なにより勉強になる部分が多くありますので。

 

ただし、教養をひけらかしたり、礼儀正しすぎたり、謙虚すぎると、それはそれでなめられる恐れがあるので、やはりバランスが大事です。

 

ちなみによく喋る人、ベラベラ人の事を話す人も、思慮の浅い人間だと思われるので、コミュニケーション能力とよく喋ることを一緒にしないように注意が必要です。

 

仕事ができない人

「自信がなさそうな人」「教養がない人」と深く関係していますが、会社では仕事ができない人はなめられますよね。

 

弱肉強食で足の引っ張り合いは当たり前なので、仕事ができない人は「弱者」として認識されてしまいがちです。

 

しかも、一度そう認識されてしまうと、なかなか挽回は難しいので、早い段階で仕事ができるようになり、「できる人」のイメージを作っていくことが大切です。

 

【関連記事】
職場で悪口を言われる人と言われない人の違いとは!?

 

脱却法まとめ

今回挙げた「自信がなさそうな人」「教養がない人」「仕事ができない人」の逆を目指していけば、なめられることは少なくなってくるでしょう。

 

さらにもう一段上の視点から見ると、「上か下かを気にしない」「目標に向かって努力する」といった姿勢によって、本当の意味で堂々とした人間になることが理想です。

 

そもそも上か下かを気にしなければ、他人からの評価はそれほど気にならないので、自分を卑下することはなく、かといって他人を見下すこともなく、誰に対しても堂々と対等に接することができます。

 

また、目標に向かって努力している人にとって、他人からの評価は重要ではありませんし、努力している姿は自然と尊敬を集めます。
 

Sponsored Link



 

まとめ

いかがでしょうか?

 

なめられると損ばかりなので、仕事では貧乏くじを引かされ、出世もままならない恐れがあります。

 

ただでさえ出世には、上司の好き嫌い、職場の人間関係、ポスト不足、上層部の意向といった様々な要因が絡んでくるので、なめられるとはじめから大きなハンデを抱えているようなものですので。

 

ただ、「なめられない」ことに意識を傾けていると、知らず知らずのうちに威圧的になったり、他人への配慮がおろそかになりがちなので、なめられなくても嫌われてしまう恐れがあります。

 

ですので、「堂々と」「対等に」「バランスよく」を心掛けていきたいですね。

 

ただ、今後はサラリーマンとして活躍されるだけではなく、別の力も必要になる可能性が高くなっています。

 

別の力とは、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力です。

 

なぜなら、近年は日本経済の衰退にともない、日本を代表する大企業でも経営が傾くリスクが大きくなっているので、

 

いざという時にその力を持っていなければ、パタリと収入がゼロになってしまう恐れがあるからです。

 

あなたは会社が倒産したり、リストラに遭ったり、希望退職を募集する時のことを考えたことはありますか?

 

そうした時のシミュレーションをして、再就職先の目処をつけていたり、腕一本で稼ぐ力を持っていなければ、頭が真っ白になってどうすることもできないのが普通です。

 

ですので、そういったリスクに備えて、「私には関係ないことだ」と言えるうちに、この力を身につける努力を始めることをお勧めします。

 

実際のところ、過去にそういった経験をしていたり、身近に経験者がいる人ほど、自分事として捉えて、密かに行動に移している傾向があります。

 

ですので、あなたもなめられないようになり、サラリーマンとして活躍されることだけではなく、いつ誰の身に降りかかるか分からないリスクに備えておきましょう。

 

あなたを守れるのは、あなただけなのですから。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ