楽天会員登録、楽天銀行の口座開設、楽天カードの作成の流れを解説

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

ネットビジネスに取り組む上で、お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理することは大切です。

 

なぜなら、収支を確実に把握することはもちろん、確定申告(前年1年間の所得税を計算し、税務署に確定申告書を提出して税金を納める手続き)が必要になった時、確実かつスピーディーに作業できるからです。

 

ですので、今回は私がネットビジネスのお金の管理に利用している楽天のサービス(楽天会員、楽天銀行、楽天カード)への登録方法をご説明します。

 

Sponsored Link

 

楽天会員、楽天銀行、楽天カードの登録方法を解説

動画(準備中)

 

– お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理する

– 楽天会員(楽天市場)の登録方法

– 楽天銀行(銀行口座)の口座開設方法

– 楽天カード(クレジットカード)の作成方法

 

お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理する

先ほどお話ししました通り、ネットビジネスに取り組む上で、お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理することは大切です。

 

ですので、私はネットビジネス用に楽天銀行口座を開設し、楽天カードを作成しています。

 

楽天銀行・楽天カードを選んだ主な理由は以下の2点です。

 

  1. プライベートで楽天会員である
  2. 楽天銀行・楽天カードの特徴を考慮して
理由1:プライベートで楽天会員

プライベートで楽天会員であり、楽天市場で買い物をしますので、楽天に馴染みがあります。

 

そのため、楽天銀行や楽天カードを利用することは自然といえば自然ですし、

 

  • 管理が容易
  • 楽天銀行や楽天カードの利用により楽天スーパーポイントが貯まる

といったメリットは大きいです。

 

楽天で統一していますので管理が容易であり、楽天銀行や楽天カードを利用すると楽天市場で買い物ができる楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

 

ですので、普段楽天市場で買い物をされる方にとって、良い選択の一つと言えます。

 

ポイント付与ルール

 

理由2:楽天銀行・楽天カードの特徴

楽天銀行はネットバンキングで振込手数料が安く、楽天カードは発行料や年会費が無料なので、使い勝手が良いです。

 

楽天銀行
  • ネットバンキング
  • 振込手数料が安い(楽天銀行間無料、他行宛も最低クラス)
  • 口座維持手数料無料
  • ATM手数料がお得
  • 取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、振込手数料に利用できる(ハッピープログラムの指定サービス or 楽天銀行デビットカード決済)

 

楽天銀行のメリット

ハッピープログラム

 

楽天カード
  • 発行料無料
  • 年会費無料(ETCカードは有料)
  • ポイント付与率1%(100円利用で楽天スーパーポイント1ポイント)
  • 楽天市場で利用すると、楽天スーパーポイントが2倍に(楽天市場で買い物[1%]+楽天カードを利用[1%] )
  • (審査に通りやすい)
  • (発行が早い)

 

ただ、人それぞれ状況や重視する部分が異なりますので、あくまで一例として参考にしていただければ幸いです。

 

すでにプライベート用とは別に銀行口座やクレジットカードをお持ちの方は、そちらをご利用いただくのも一つかと思います。

 

そして重要なことは、どこの銀行・カードを利用するかよりも、お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理することです。

 

楽天銀行と楽天カードはハピタスで自己アフィリエイトができる

自己アフィリエイトとは

楽天銀行の口座開設と楽天カードの作成については、ハピタスで自己アフィリエイトが利用できます。

 

まずアフィリエイトとは、あなたのブログで広告主の商品やサービスを紹介し、ブログの訪問者が購入(登録)した時に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みです。

 

そして自己アフィリエイトとは、自分で商品を購入(登録)した時に報酬を受け取ることができる仕組みです。

 

ですので、普通に楽天銀行の口座開設、楽天カードを作成するよりもお得です。

 

そこで、以下の1記事目を参照してハピタスに登録し、2記事目を参照して自己アフィリエイトで楽天銀行と楽天カードに登録していきましょう。

 

ハピタス(ポイントサイト)の登録方法を詳しく解説

ハピタス(ポイントサイト)での自己アフィリエイトの実践法と注意点

 

まとめ

こういった準備は少し大変ですが、お金をプライベート用とネットビジネス用に分けて管理することはとても大切ですし、はじめに登録しておく方が後々楽です。

 

ですので、プライベート用とは別に銀行口座やクレジットカードをお持ちでなければ、この記事を参考にして登録してくださいね。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ