仕事で新人放置されて辛い時の5つの対策法!?

仕事で新人放置されて辛い時の5つの対策法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事をする上でも悩みは尽きませんが、期待と不安で胸がいっぱいの新人にはこれらの悩みがあると言われています。

(1)仕事がわからない、職場での役割がない

(2)上司に馴染めない

(3)職場の雰囲気がわからない

(4)生活環境の変化

(5)漠然とした迷いと不安がある

出典:excite. ニュース

 

ただ、これらは誰もが通る道なので、仕事に集中するうちに順応している部分は多いはず。

 

多いはずですので、これら以上に深刻な問題になるのは新人放置です。

 

私のサラリーマン時代を振り返っても、何度か「A部署に放置されている新人がいる」と聞いたことがあります。

 

問題の上司は放置キャラとして認識されていたようなので、ただただ不運なことでした。

 

  • 仕事を教えてくれない
  • ひたすら資料を読まされる
  • ひたすら自習をさせられる
  • 挨拶を無視される

 

やる気の腰を折るには十分な仕打ちですし、同期が可愛がられていようものなら、嫉妬や焦りを覚えてしまうことでしょう。

 

このように新人放置は意外と身近に存在し、長期的に見ると会社に大きな損失をもたらすので、新人放置の理由と対策を押さえておきましょう。

 

Sponsored Link

 

新人放置する5つの理由

上司は管理職に昇進しているくらいなので、「新人はダイヤの原石」であることを理解していると思いますが、それでも放置する理由は何なのでしょうか?

 

理由1:多忙を極める

上司が多忙を極め、時間的にも精神的にも余裕がないことは大きな原因だと考えられます。

 

上司といえどもプレイングマネージャーも多いので、多忙の際には「自分でやったほうが早い」「心配で任せられない」と考えてあらゆる仕事を抱えてしまうことはよくある話です。

 

そうなると、教育するどころではないのかもしれません。

 

理由2:意識やレベルが低い

日本は先進国と比較すると新人教育への意識やレベルが低いと言われています。

 

つまり、新人を育てる意欲と能力が欠けているということです。

 

私の新人時代には「外部研修」もありましたが、資格を取ることが目的になり、効果の確認がないことは少なくありませんでした。

 

これも新人教育への意識の低さが原因だと考えられます。

 

理由3:前任者がいない

そもそも前任者がいない新しく生まれた仕事を新人が担当するケースもあります。

 

いくら前任者がいなくても、基礎教育を施してレールを敷いてあげるべきですが、「前任者がいない」を免罪符にして放置してしまうのです。

 

理由4:新人教育をする気がない

はなから新人教育をする気がない上司もいるでしょう。

 

例えば、上司の中には管理職になりたくてなったわけではない人もおり、そういった場合「部下はいらない」と考えていることがありますので。

 

それでも教育能力があれば上司としての役割を果たしますが、そもそも意欲がなければ必然的に放置することになるでしょう。

 

理由5:放置スタンスの継承

これらの理由から新人放置をすることになり、放置されていた新人が先輩・上司になった時、「俺の時もこうだった」と放置スタンスを継承していく恐れがあります。

 

もちろん、自分で考えて行動する力を養うための放置は必要ですが、右も左も分からない新人にはレールを敷いてあげるべきです。

 

新人放置されて辛い時の5つの対策法

どんな理由があるにせよ、新人にとって放置されることは、スタートダッシュが重要なサラリーマン人生の出鼻をくじかれることに他なりません。

 

ですので、会社や上司の方針も絡んでくるので難しいところですが、手をこまねいているわけにはいきませんよね。

 

対策法1:積極的に挨拶する

無視され続けると挨拶をすることが嫌になってしまいますが、挨拶をしないことは自らマイナスポイントを作ることになるので、積極的な挨拶を続けましょう。

 

対策法2:上司への態度を変えない

新人放置されているからといって態度を変えてはいけません

 

反抗したり腐っても自らマイナスポイントを作るだけですので。

 

対策法3:上司とコミュニケーションを取る

新人放置されていると、仕事を経験できないばかりか「上司に期待されていないんだ・・」と精神的ダメージを負ってしまいます。

 

しかし実際は、上司に余裕が無いだけかもしれないので、仕事の邪魔にならないタイミングにコミュニケーションを取るべきです。

 

それによって、お互いに考えていることを理解できるので、誤解が解けたり放置しなくなる可能性がありますので。

 

対策法4:職場に馴染む

上司に放置されているとしても、味方になってくれる人はいるはずです。

 

いるはずですので、仕事はもちろん、休憩時間やイベントでも積極的に話しかけ、馴染む努力をしてください。

 

それにより良い雰囲気が生まれる可能性がありますし、職場に馴染んでいる新人を放置することは上司自身の評価を下げることに繋がるので、ないがしろにできないはずです。

 

【関連記事】
職場に馴染めないから辞めたい人に考えて欲しい5つの原因!

 

対策法5:職場の責任者や人事に相談

努力しても改善しない場合は、職場の責任者や人事(採用担当)に相談しましょう。

 

感情的になるのではなく、事実をありのままに伝えてください。

 

Sponsored Link

 

お金を得る新しい選択肢

新人放置されたとしても、積極的な挨拶やコミュニケーションは継続してください。

 

自らマイナスポイントを作らないためです。

 

とはいえ、毎朝仕事に行くのが辛くて涙が出てきたり、体調を崩してしまうようであれば、定年まで耐え続けるのではなく、新しくお金を得る選択肢を持つ努力を始めることをお勧めします。

 

なぜなら、会社で仕事をすることはお金を得る手段の一つに過ぎないのですから。

 

あなたは今まで会社で仕事をすること以外の勉強をしたことがないので、最初は戸惑うかもしれません。

 

戸惑うかもしれませんが、小学生から勉強を継続しているので、お金を得る選択肢を持つ努力を3ヵ月くらい継続することは無駄にはならないと思いませんか?

 

私は会社で仕事をする以外にお金を得る選択肢を持ちたいと考えている方に向けたメルマガを配信しています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ