トレンドアフィリエイトの記事の書き方のポイント

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

トレンドアフィリエイトのネタ選定とキーワード選定が完了しましたら、いよいよ記事作成に移ります。

 

ですので、記事を書く前に「記事の書き方のポイント」をしっかり押さえておきましょう。

 

  1. ネタ選定
  2. キーワード選定
  3. 記事作成

Sponsored Link

 

記事の構成

記事の構成に決まりはありませんが、例えば、以下の構成が一つとして考えられます。

 

  1. 記事タイトル
  2. 導入文
  3. プロフィール(必要に応じて)
  4. サブタイトル(小見出し)1
  5. 記事前半
  6. サブタイトル(小見出し)2
  7. 記事後半
  8. まとめ

 

トレンドアフィリエイトの記事の書き方

 

記事タイトル

  • メインキーワードを先頭(一番左)に入れる
  • 三段階キーワード(複合キーワード)を2つ入れる
  • ユーザーの興味を惹く記事タイトルを意識する
  • 全角32文字以内(28~32文字)

 

記事タイトルを全角32文字以内にする理由は、おおよそ32文字を超えると検索エンジンの検索結果の表示に収まらないですし、長くなるほどキーワード一つ一つのSEO効果が下がるからです。

 

ただ、なるべくキーワードを盛り込むため短すぎてもいけないので、28文字~32文字を目安にしてください。

 

例えば、メインキーワード「堀北真希」、三段階キーワード「堀北真希 櫻井翔 紅白」「二宮 堀北真希 ドラマ」を選定した場合の記事タイトルは、

 

堀北真希櫻井翔紅白司会で◯◯!?二宮とのドラマ共演で△△!?」

 

といったイメージです。

 

導入文

導入文は、記事の概要について、メインキーワードとサブキーワードを全て盛り込んで書きます。

 

なぜなら、SEO効果が高くなるため上位表示されやすくなりますし、ユーザーに「知りたい情報が記事に書いてある」ことを示すことで続きを読んでもらいやすくなるからです。

 

プロフィール

プロフィールは、メインキーワードが人物であり、かつユーザーにとって必要だと思う時に書くと良いです。

 

例えば、今後ブレイクが期待される若手俳優のプロフィールは、ユーザーにとって嬉しいものになる可能性があります。

 

もしユーザーのためになるプロフィールでしたら、ユーザーの満足度向上に貢献しますので、Googleからの評価も向上します。

 

一方で、大物芸能人のプロフィールは多くのユーザーが知っているので、あまり必要とは思えません。

 

その上、全ての記事にプロフィールを書くと、トレンドブログ感が強くなりますので、Googleからペナルティを受ける恐れがあります。

 

ペナルティを受けてしまうと、検索結果の圏外に飛ばされますので、ほとんどアクセスが来ない状態になってしまいます。

 

サブタイトル(小見出し)/記事

記事タイトルの前半部分をサブタイトル1、後半部分をサブタイトル2として、サブタイトルに沿った記事を書きます。

 

 

記事タイトル「堀北真希櫻井翔紅白司会で◯◯!?二宮とのドラマ共演で△△!?」

 

サブタイトル1「堀北真希櫻井翔紅白司会で◯◯!?」

 

サブタイトル2「二宮とのドラマ共演で△△!?」

 

※サブタイトル2にもメインキーワードを入れても良いです。

※キーワードを入れてさえいれば、文章を変えても良いです。

 

 

ユーザーは、ある情報を知るために検索エンジンで検索して、ブログを訪問してくれます。

 

ですので、ユーザーが知りたい情報が書かれていない(話がズレている、調べたけど分かりませんでした)のでは、満足度はかなり低くなってしまいます。

 

記事を書く上で特に大切なことは、「ユーザーに満足していただける記事を書く」であることを意識しましょう。

 

そのためには、以下でご説明する記事の書き方のポイントを押さえる必要があるのです。

 

また、「オリジナルな記事を書く」ということも大切です。

 

なぜなら、オリジナルな記事はユーザーの満足度向上に貢献しますし、Googleとしてもオリジナルの記事を評価するからです。

 

ですので、もしも他のブログと同じようなデザイン、記事であった場合は、Googleからペナルティを受ける恐れがあります。

 

記事の書き方のポイント
  • ユーザーに満足していただける記事を書く
  • オリジナルな記事を書く
  • タイトルと本文の内容を一致させる
  • 本文にメインキーワードとサブキーワードを自然に入れる
  • 読みやすい文章にする
    (改行、一文の長さ、難しい言葉を使用しない等)
  • 本文の文字数は1,000文字は欲しい
  • 動画を挿入して滞在時間を伸ばす

 

本文の文字数は、滞在時間が伸びるなどの理由から、「1,500文字以上」「多いほど良い」と言われることもありますが、1,000文字以上あれば良いと感じています。

 

あなたが自分の記事を読んだ時に、「他のブログとは違うな!」「しっかりした記事だな」と感じるのであれば、ユーザーにもそう感じていただける可能性がありますので、客観的にチェックすることも大切です。

 

まとめ

記事の最後に「まとめ」として、あなたの感想や意見、体験談を述べたり、ネットの声を参照するのも良いです。

 

記事タイトルに沿った記事をしっかりと書き、それに対する意見を述べることで、オリジナルの記事が出来上がりますので、ユーザーの心に響く可能性があります。

 

ユーザーの心に響く記事は、記事をしっかりと読み込んでくれたり(滞在時間が伸びる)、別の記事も読んでくれる(ページビュー数が増える)ので、Googleからの評価も高くなります。

 

特に、深い考察に基づく前向きな意見は、高く評価される傾向があります。

 

しかし反対に、記事のネタにした芸能人だったり、記事を読んでくれるユーザーに不快な思いをさせてしまう感想は、絶対に書かないでください。

 

人として当たり前のことですし、Googleからの評価という面でもよろしくありませんので。

 

どうしてもという場合は、あくまで中立の立場に身を置き、世間では賛否両論ですよというスタンスで書きましょう。

 

引用について

ニュースサイトやブログ記事、ツイートなどを引用する際は、引用する文章をしっかりと引用タグで囲い(背景色を変える)、出典を記載してください。

 

そして、引用は文章全体の3割程度に留めましょう。

 

引用ばかりではオリジナルな記事とは言えないので、ユーザーに満足していただくことは難しくなりますし、それによってGoogleからの評価が下がる恐れもありますので。

 

さらに、引用が多いこと自体がペナルティの対象になる恐れもあります。

 

記事のネタ探し

さて、サブタイトルに沿った記事を書くためには、ネタを探さなければなりません。

 

ですので、記事のネタを探す方法をご紹介します。

 

  • 検索結果の上位5記事までを参考にする
  • 切り口を変える
  • goodkeywordを使用する
  • Yahoo!リアルタイム検索を使用する

検索結果の上位5記事までを参考にする

三段階キーワードを検索した時に表示される上位5記事を参考にする方法を基本とすると良いです。

 

上位5記事にざっと目を通し、頭で整理して自分の言葉で書き直します。

 

切り口を変える

ただ、それだけでは上位5記事と似たような内容になり、価値がありませんので、切り口を変える工夫が必要です。

 

例えば、サブタイトルが「堀北真希櫻井翔紅白司会で◯◯!?」であれば、過去の共演歴であったり、過去に堀北真希と噂になった男性であったり、交友関係だったり、いくらでも切り口を変えることはできます。

 

goodkeywordを使用する

同じく切り口を変える方法として、goodkeywordを使用する方法もあります。

 

goodkeyword

 

goodkeywordの検索窓でキーワード(メインキーワード)を検索すると、Google/Bing/Yahooの関連キーワードが表示されますので、皆さんがどんなことに興味を持っているのかを知ることができます。

 

goodkeyword(関連キーワードツール)の使い方

 

Yahoo!リアルタイム検索を使用する

Yahoo!リアルタイム検索でメインキーワードを検索すると、リアルタイムのツイートが表示されます。

 

Yahoo!の検索窓において、[リアルタイム]をクリックしてから[検索]ボタンをクリックします。

 

トレンドアフィリエイトの記事の書き方のポイント

 

メインキーワードに関する今現在の話題が分かりますので、新鮮かつ需要のあるネタを見つけることができます。

 

Sponsored Link

 

画像・動画の使用について

画像

画像の使用は、著作権の侵害となる恐れがありますので、使用しない方が無難です。

 

現時点では、画像の使用はグレーゾーンとされているようなので、多くのトレンドブログで使用されていますが、今後はGoogleがそういったブログにペナルティを課す恐れがあります。

 

それに、画像を使用しなくとも、記事の質だけでユーザーに満足していただくことはできますので。

 

それでも画像を使用したい場合は、ロイヤリティフリーの画像、もしくはAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの広告画像を使用されることをお勧めします。

 

 動画

動画に関しては、YouTubeの公式動画(テレビ局等)を使用されることをお勧めします。

 

動画を挿入することは、ユーザーの満足度向上に貢献する可能性がありますし、滞在時間が伸びるため上位表示されやすくなりますので。

 

ただ、著作権違反となる動画(テレビで放送された番組等)は使用しないでください。

 

理由は、画像と同じで、ペナルティの対象になる恐れがありますし、そういった動画は著作権侵害のため削除されるからです。

 

まとめ

今回は、トレンドアフィリエイトにおける記事作成に関して、記事の書き方のポイントについてご説明しました。

 

テクニック的な部分にも触れてきましたが、それらは全て、

 

「ユーザーに満足していただける記事を書く」

「オリジナルな記事を書く」

 

ためのものです。

 

そして、あなたが自分の記事を読んだ時に、「ためになる!」「面白い!」「他のブログとは違う!」と感じる記事であれば、ユーザーに満足していただけるはずです。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ