グーグルアドセンスポリシーに違反しない記事を作成するために

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

グーグルアドセンスには「コンテンツポリシー」があるので、ポリシーに違反するサイトに広告を設置することはできません。

 

ですので、設置してしまうと、アドセンスの停止・剥奪といったペナルティが課され、二度とアドセンスを利用することができなくなる場合もあります。

 

ですので、この記事でコンテンツポリシーを理解してから、記事を作成しましょう。

 

Sponsored Link

 

禁止コンテンツ

この記事では、コンテンツポリシーの禁止コンテンツにおいて、絶対に押さえておきたい事項についてご説明します。

 

禁止コンテンツ

 

  • アダルト系コンテンツ
  • 誹謗中傷するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • ギャンブルに関連するコンテンツ
  • 危険ドラッグ、薬物に関連するコンテンツ
  • アルコール、タバコに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するサイト
  • 暴力的なコンテンツ

 

グーグルアドセンスは一般向けですので、ご家族やご友人に堂々と見せられるコンテンツを含むサイトにのみ、広告を掲載することができることを踏まえて見ていきましょう。

 

アダルト系コンテンツ

一般的にアダルトに該当するコンテンツは当然NGですが、「女性の水着」「男性の上半身裸」といったコンテンツを含むサイトにも設置しない方が無難です。

 

  • アダルト
  • 女性の水着
  • 男性の上半身裸

誹謗中傷するコンテンツ

常識的にサイトを運営していれば問題ありません。

 

問題ありませんが、トレンドアフィリエイトでは芸能ネタを選定することが多く、その中で芸能人に対するネガティブな話題を扱うこともあるので注意が必要です。

 

例えば、人間性を否定したり、根拠の無い悪い噂を立てたり、決めつけるようなことは絶対ダメです。

 

これらは禁止コンテンツ云々ではなく、人としてやってはいけないことです。

 

  • 人間性を否定する
  • 根拠の無い悪い噂を立てる
  • 決めつける

ただ、近年芸能人に対して使用される「劣化」といった言葉は、記事の内容次第では大丈夫だと考えています。

 

例えば、「ネットでは劣化したと言われることがありますが、私はそうは思いません・・」といった前向きな感想であれば良いと考えられます。

 

著作権で保護されているコンテンツ

著作権で保護されているコンテンツを含むサイトには、コンテンツの表示等に必要な法律上の権利を持っていなければ、アドセンス広告を設置することはできません。

 

著作権で保護されているコンテンツとは、例えば以下のコンテンツが挙げられます。

 

  • 音声ファイル
  • 動画ファイル
  • テレビ番組
  • ソフトウェア
  • 漫画
  • 文学作品

ギャンブルに関連するコンテンツ

日本では、ギャンブル関連のコンテンツやギャンブル関連のコンテンツへのリンクを含むサイトにアドセンス広告を設置することはできません。

 

  • ギャンブル関連のコンテンツやギャンブル関連のコンテンツへのリンクを含むサイト

ギャンブル関連のコンテンツとしては、実際にギャンブルできるオンラインカジノや麻雀等があります。

 

情報サイト(パチンコ、パチスロ、競馬等)はOKのようですが、ギャンブルに関連するサイトには設置しない方が無難です。

 

危険ドラッグ、薬物に関連するコンテンツ

危険ドラッグを販売または宣伝するサイトや、薬物に関連するサイトにアドセンス広告を設置することはできません。

 

  • 危険ドラッグを販売または宣伝するサイト
  • 薬物に関連するサイト

なぜなら、Googleは人々の安全を保護するために、損害を引き起こす商品の宣伝は認めていないからです。

 

アルコール、タバコに関連するコンテンツ

アルコールおよびタバコに関連する特定のコンテンツを宣伝するサイトにアドセンス広告を設置することはできません。

 

  • アルコールおよびタバコに関連する特定のコンテンツ(ビール、タバコや関連商品)を宣伝するサイト

ただ、ビールの醸造情報や禁煙に関連するコンテンツを含むサイトであればOKです。

 

報酬プログラムを提供するサイト

報酬プログラムとは、例えば、広告のクリックやメール購読といった作業を行ったユーザーに報酬を与えるサイトです。

 

身近なところでは、ポイントサイトが挙げられます。

 

つまり、ポイントサイトへのアフィリエイトリンクのあるサイトにアドセンス広告を設置することはできないということです。

 

  • ポイントサイトへのアフィリエイトリンクのあるサイト

ただ、報酬プログラムと間違えられることがあるAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトはOKですので、「報酬プログラムを提供するサイト=ポイントサイト」と考えていただいても問題ありません。

 

暴力的なコンテンツ

虐殺、戦闘、事故等のコンテンツを含むサイトにアドセンス広告を設置することはできません。

 

  • 虐殺、戦闘シーン、悲惨な事故

スポーツではありますが、格闘技のコンテンツを含むサイトにも設置しない方が無難です。

 

 

絶対に押さえておきたい禁止コンテンツのご説明は以上となります。以下のリンクから禁止コンテンツの全容をご確認いただけます。

 

禁止コンテンツ

 

また、禁止コンテンツを定めている「AdSenseプログラムポリシー」では、その他のポリシーも定めているので、あわせてご確認ください。

 

AdSense プログラム ポリシー

 

例えば、AdSenseプログラムポリシーの「無効なクリックとインプレッション」「クリックの誘導」にはご注意ください。

 

無効なクリックやクリックの誘導

サイトの運営者が自分で広告をクリックしたり、何らかの方法でクリック数(表示回数)を増加させることは禁止されています。

 

また、ユーザーにクリックを促すことも禁止されています。

 

  • 自分で広告をクリックする
  • 何らかの方法でクリック数(表示回数)を増加させる
  • ユーザーにクリックを促す

まとめ

今回の記事では、絶対に押さえておきたい禁止コンテンツについてご説明しました。

 

先ほどお話しした通り、ご家族やご友人に堂々と見せられるコンテンツを含むサイトにのみ、広告を掲載することができます。

 

もっと言えば、「お子さんと見てもOKなサイトを運営していれば、問題なくアドセンス広告を使用できる」ということです。

 

ご自身のため、ご家族のため、そしてアドセンス広告を停止(剥奪)されないためにも、より健全なサイトを運営していきましょう。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ