外部SEO対策の基礎知識と注意点

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

外部SEO対策は、基本的に内部SEO対策(ユーザーにとって価値のある記事を提供する等)の結果としてついてくるものですので、内部SEO対策の方が圧倒的に重要です。

 

ただ、アフィリエイトに取り組む上で、外部SEO対策の基礎知識は必要ですので、今回は「外部SEO対策の基礎知識と注意点」についてご説明します。

 

SEO(検索エンジン最適化)の基礎知識と一番のSEO対策

 

Sponsored Link

 

外部SEO対策とは

外部SEO対策とは、被リンクによってサイトの評価を上げる施策です。

 

※被リンク・・外部のサイトからリンクを張ってもらうこと。

 

外部SEO対策の基礎知識と注意点

 

リンクを張ってくれたということは、「価値のある記事(サイト)」というお墨付きを得たということですから、Googleからの評価も高くなる傾向があります。

 

外部SEO対策の注意点

これから外部SEO対策についてお話ししますが、その前に注意点を知っておきましょう。

 

注意点とは、Googleは不自然さ(自作自演など)を嫌うということです。

 

なぜなら、Googleは「ユーザーにとって価値のある記事を上位に表示させること」を目的としているからです。

 

それは、ユーザーのためであり、自社のためでもあります。

 

ですので、例えば、自作自演のリンクを送ることによって、あたかもユーザーの満足度が高いサイトのように見せかける行為は排除されます。

 

Googleがサイト(記事)を評価する能力は人間レベルですので、普通に考えて不自然なことをすれば、すぐにバレてしまうのです。

 

そうなると、サイトの評価が低くなったり、ペナルティを課せられる恐れがあるので、完全に逆効果です。

 

ですので、外部SEO対策をする際は、「客観的に見て自然な行為か?」を基準にしてください。

 

Sponsored Link

 

外部SEO対策の種類

それでは、外部SEO対策の種類について、実施すべき「自然な外部SEO対策」と、実施してはいけない「不自然な外部SEO対策」に分けて見ていきましょう。

 

自然な外部SEO対策

  • 外部サイトからの自然な被リンク、SNSシェア・ブックマーク
  • YouTubeからの被リンク
  • ランキングサイトからの被リンク
外部サイトからの自然な被リンク、SNSシェア・ブックマーク

一番の外部SEO対策は、外部サイトから自然な被リンクをもらったり、記事に設置したSNSシェアボタンやブックマークボタンを押してもらうことです。

 

そのためには、内部SEO対策の肝となる「ユーザーにとって価値のある記事を提供する」必要があります。

 

なぜなら、ユーザーにとって価値のある記事を提供することによって、外部サイトからリンクを送ったり、シェアしようと思ってもらえるからです。

 

ただ、ユーザーにとって価値のある記事を提供したとしても、記事内にボタンを設置していなければ、機会を損失する恐れがあります。

 

ですので、記事内にSNSシェアボタンやブックマークボタンを設置しておきましょう。

 

外部SEO対策の基礎知識と注意点

 

YouTubeからの被リンク

YouTubeの「説明文」からサイトにリンクを送る方法があります。

 

説明文に「詳細はこちら」といった旨を記載して、URLを記載しておくのです。

 

あなたのYouTube動画からあなたのサイトにリンクを送る形ですが、内容に関連性があれば自然な被リンクです。

 

また、YouTubeを観てくれたユーザーがサイトを訪問してくれる可能性があるので、是非実施しましょう。

 

外部SEO対策の基礎知識と注意点

 

ランキングサイトからの被リンク

人気ブログランキングといったランキングサイトに登録することで、自然リンクを送ることができますし、YouTubeと同じく、サイトへの訪問も期待できます。

 

人気ブログランキング

 

不自然な外部SEO対策

  • サテライトサイトからの被リンク
  • 被リンクサービスからの被リンク
  • 相互リンク
サテライトサイトからの被リンク

サテライトサイト(衛星サイト)とは、メインのサイトを補助する(リンクを送る等)ために作るサイト群です。

 

以前は、サテライトサイトからメインのサイトにリンクを送ることによる、ユーザーの満足度を偽装する行為が通用していましたが、現在はペナルティに課せられます。

 

リンクを送るために作ったサイトからの被リンクは、どう考えても不自然ですので、絶対にやらないでください。

 

被リンクサービスからの被リンク

被リンクサービスとは、お金を支払うことで、サイトにリンクを送ってくれる業者のことです。

 

これも不自然な行為ですので、やらないでください。

 

相互リンク

相互リンクとは、2つのサイト間で、お互いにリンクを送ることを言います。

 

Googleでは、SEO対策を目的とした相互リンクをペナルティの対象としていますので、絶対にやらないでください。

 

その他:グレーな外部SEO対策

その他、グレー?な外部SEO対策もご紹介します。

 

  • SNS・ソーシャルブックマークからの被リンク
  • 自分のパワーサイトからの被リンク
SNS・ソーシャルブックマークからの被リンク

先ほどお話しした通り、ユーザーが記事内のSNS・ソーシャルブックマークボタンを押してくれることは、外部SEO効果があります。

 

ですが、自分のアカウントでシェア・ブックマークすることは、自作自演ですのでお勧めできません。

 

とはいえ、外部SEO効果は期待できるので、サイトの評価が高くなるまで、特に自信のある記事に限定してブックマークする方はいらっしゃるようです。

 

自分のパワーサイトからの被リンク

パワーサイトとは、長期的に運用して記事数が多いため、パワーが強い(Googleからの評価が高い)サイトです。

 

例えば、あなたがトレンドブログを運営しており、そのブログのパワーが強いのでしたら、そこからリンクを送ることの効果は期待できます。

 

ただ、先ほどお話しした通り、Googleは不自然さを嫌うので、お勧めできません。

 

もし実施するのであれば、記事に関連性があることと、自然な範囲でリンクを送ることを守ってください。

 

まとめ

Googleは不自然さを嫌いますので、外部SEO対策を実施するのであれば、「自然な外部SEO対策」でご説明した対策だけにしてください。

 

  • 外部サイトからの自然な被リンク、SNSシェア・ブックマーク
  • YouTubeからの被リンク
  • ランキングサイトからの被リンク

 

もっとも、一番の外部SEO対策である「外部サイトからの自然な被リンク、SNSシェア・ブックマーク」は、内部SEO対策の肝となる「ユーザーにとって価値のある記事を提供」した結果です。

 

ですので、あまり外部SEO対策は意識せず、内部SEO対策に注力しましょう。

 

内部SEO対策の基礎知識と必ず押さえるべき2つのポイント

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ