DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の基礎知識

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回ご説明するDRMは、コピーライティングとの相性が抜群の「世界で最も効率的なビジネスモデル」です。

 

ですので、ネットビジネスの世界に飛び込んだからには、是非とも挑戦していただきたいと思っています。

 

コピーライティングの概要と重要性!人の心を動かすということ

 

Sponsored Link

 

DRMとは

DRMとは、ダイレクトレスポンスマーケティングの略であり、一言で言うと「関係性構築ビジネス」です。

 

何らかの媒体を使用して、見込み客に直接アプローチ(ダイレクト)し、見込み客の反応を取りながら(レスポンス)、商品を販売していく手法です。

 

特にDRMとメルマガは相性が良いので、メルマガを使用したDRMが王道となっており、この手法を「メルマガアフィリエイト」と言います。

 

DRMの基本の流れ

DRMの基本の流れは、「集客」→「教育」→「販売」の3ステップとなっています。

 

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

ステップ1:集客

「集客」の段階では、見込み客を集めます。

 

メルマガアフィリエイトの場合は、ブログ等にアクセスを集めて、メルマガに登録してもらいます。

 

ここで言う見込み客とは、より具体的には見込み客の「名前」と「メールアドレス」であり、これをリストと呼びます。

 

しっかりと集客して、効率的に多くのリストを集めることが、DRMを成功させる前提条件となっています。

 

当たり前のことですが、集客できなければ、販売できませんので。

 

ステップ2:教育

「教育」の段階では、集客した見込み客を教育します。

 

メルマガに登録してくれた読者様を教育していくということです。

 

教育と言うと、上からものを教えるような印象を与えてしまうので、「信頼関係を構築する」という方がしっくりきます。

 

あなたの商品、そしてあなた自身の魅力を100%伝えきって、信頼していただく、共感していただくということです。

 

ファンになるほどに信頼関係を構築できれば、次の「販売」の段階では、商品URLを貼るだけで購入してもらえます。

 

ですので、「教育」の段階では、あなたのファンになってもらうことを意識して、信頼関係を構築していきましょう。

 

ステップ3:販売

「販売」の段階では、見込み客に商品を販売します。

 

メルマガによる教育が完了した段階で、商品を販売していきます。

 

販売しますが、先ほどお話しした通り、「教育」の段階で信頼関係を構築できていれば、商品申込みリンクを貼るだけで購入してもらえます。

 

優しく背中を押してあげれば、なおのことです。

 

ですので、DRMを成功させるポイントは、しっかりと「集客」して、しっかりと「教育」することだと言えます。

 

Sponsored Link

 

DRMとコピーライティングの相性

DRMとコピーライティングの相性は抜群です。

 

なぜなら、ブログとメルマガは文字で構成されているので、文章で「集客」し、文章で「教育」し、文章で「販売」していくからです。

 

「文章」といえば、「文章を使って人の心を動かして、行動(購入)させる」ことを目的とするコピーライティングの出番なのです。

 

相性が抜群というのは、「DRMを成功させるためには、コピーライティングスキルが必須」と言い換えることもできます。

 

コピーライティングスキルが無ければ、見込み客の心を動かすことはできないので、集客も教育も販売もままならないからです。

 

まとめ

DRMとは、見込み客に直接アプローチして、反応を取りながら商品を販売していく手法であり、DRMと相性が良いメルマガを使用した「メルマガアフィリエイト」が王道となっています。

 

そして、DRMの「集客」「教育」「販売」のどの段階においても、コピーライティングスキルが必須です。

 

なんだか難しく聞こえてしまいますが、DRMの本質は「信頼関係を構築すること」です。

 

ですので、商品を販売するために、メルマガを使用して信頼関係を構築していくものだと考えていただけたらと思います。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ